テーマ:原発事故

熊本の地震における原子炉の緊急停止のメリット・デメリット

「原子炉の緊急停止」=「即安全状態」と勘違いしている人が多すぎる(´・ω・`) 原子炉の緊急停止が作動して温態停止状態に至るまで継続した冷却が必要ですし、その後も崩壊熱があるので継続した冷却が必要です。 結論から言えば… 原子力規制委員会が今回の地震で現時点では緊急停止の指示を出していない事 は理に適っているのである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪じゃなくても構わんが、福島県で暮らす人を傷つけるなよ

もし、東京でオリンピックを行う場合の危険性を挙げろと言われたら「日本のマスコミはひどい科学オンチで、何らかの科学的クライシスが起こった場合、正確な情報提供が遅れ、パニックに巻き込まれる危険性が極めて高い」と答えます(´・ω・`) 「タンクから高濃度汚染水が漏れてる」 「建屋の地下に高濃度汚染水があって地下水に漏れかねない」 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

リテラシーが無いと、放射線じゃなくてデマで死ぬよ

前からおかしいと思っていた。放射能オタが連呼する「WHO基準飲料水1Bq」論。 感覚的に、数値が変だと思っていた。 だから、WHOは世界保健機構だから毒性学から検証して1bqたりとも許容しないって決めたのかな?と思っていた。 だから東京の水道水から20Bqって聞いた時も、いや、別に大丈夫だろう?と思っていた。 WHOって単なる健…
トラックバック:1
コメント:15

続きを読むread more

メルトダウン:映画の演出に使う程度の文学的表現で、原発を語らないでくれ。

メルトダウンしただのしないだの、騒いでいるけどさ…そもそもメルトダウンって言葉自体、専門家が使う言葉じゃないぞ。語源を調べればわかると思うが… サスペンスアクション映画「チャイナ・シンドローム」と、映画公開12日後に発生した米スリーマイル島事件がきっかけとなり一般にも広く知られる言葉となった。「もうすこしでチャイナ・シンドロームが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レベル7 これからの事が変わる訳じゃないけどね。

またパニックが起こるといけないので、簡単に… 前にも説明したが、チェルノブイリの原発事故は、放射性セシウム約74PBq、放射性ヨウ素約370PBq 参考:1万TBq=10PBq の放射性物質を放出したと言われている。 そんでもって、今回の報道だと1万TBq(物質名は不明)単位をそろえると、10PBq。 放射性ヨウ素が最も揮発性…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

食品中の放射能濃度の暫定基準について

食品中の放射能濃度の暫定基準の妥当性について、チェルノブイリ原発事故の際に決まって今も使われている輸入食品中の放射能濃度の暫定限度値を乱暴ではあるが1つの人体実験の結果と捕らえ検証してみた。 前回のエントリーもそうだけど、人間暇になるとろくな事考えないな。報道発表直後のパニックが収まると、必ず出て来るんだよ。この機に不安を煽って悦…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more