連れ込むな! 私は急に 泊まれない

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京五輪じゃなくても構わんが、福島県で暮らす人を傷つけるなよ

<<   作成日時 : 2013/09/07 20:26   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

もし、東京でオリンピックを行う場合の危険性を挙げろと言われたら「日本のマスコミはひどい科学オンチで、何らかの科学的クライシスが起こった場合、正確な情報提供が遅れ、パニックに巻き込まれる危険性が極めて高い」と答えます(´・ω・`)

「タンクから高濃度汚染水が漏れてる」
「建屋の地下に高濃度汚染水があって地下水に漏れかねない」
「トリチウム含有水を大量に放水したい」
「トリチウム含有水が漏れている」
が混同されている、というか科学音痴な報道だけだと区別しにくい。


「タンクから高濃度汚染水が漏れてる」
タンクが数日で空になるほどの汚染水漏洩で、解決の糸口すらないなら問題だけど、漏洩が確認されている各タンクにだってそれぞれ90秒に1滴程度で(全体量として多くても、処置すべき各タンクはその程度で、応急処置も十分可能)、技術的な解決策もあり、勤勉な日本人技術者が現場で頑張っている。何が問題なのだ?と返せないんだろうなぁ…なんせ理系でも文系でもなく体育会系だもんなぁ、IOCで質問受けている人達って…

タンク汚染水漏洩問題は、もっと言えば発見後迅速に「国が前面に立ち国費を投じる決定」が成されたわけで、技術も費用クリア、迅速対応で汚染拡大ストップ。サックリ返せる問題のはずなんだが…(´・ω・`) まぁプロメテウスの罠が新聞協会賞受賞する様な国のマスコミだからな…

最初から緊急用の基準値を設定してそれより下の冷却水は海に排水すれば何の問題もないのに、アホな政治家が一滴も漏らすなとか言うから変なことになってるだけ。


「建屋の地下に高濃度汚染水があって地下水に漏れかねない」
地下水が流入して汚染水が増えるのでバイパス放水を計画→風評被害を恐れる地元の反対で頓挫→山側の観測井戸でも汚染を確認(汚染が拡大?)というのがこれまでの流れ。これで放水計画をまた遅らせたらどうなるか、馬鹿でも分かりそうなもの。

もともとの東電の計画自体が「地下水を上手で遮って迂回して流す」というものだったけれど漁協の反対で政治的に難しいから進展してなかった。


「トリチウム含有水を大量に放水したい」
セメントの固まる原理について知っていれば、(セメントは、乾燥させて固まらせるものではなく、セメント中に含まれる化学物質と水とが化学反応を起こした結果、セメント粒子間を相互に硬く結合して固まる:水和反応)トリチウムという三重水素に酸素を混ぜたトリチウム汚染水は化学式で言うとH2O。つまり水として低濃度(濃縮は困難だが希釈は簡単)でセメント固化して閉じ込めてしまえば、何ら危険はないって事ぐらい、高校生でもわかる。


「トリチウム含有水が漏れている」
福島第一原発の港湾から外洋に流出している水のトリチウム含有量は、通常運転中の原発が放出するうえでの管理基準をクリアしている。


あまつさえ、トリチウム以外のほとんどの核種を除去できるALPS(多核種除去装置)の稼働にすら色々難癖を付けて邪魔をする始末。本気で事態を改善する気があるとは思えない。さらに言えば、能力もない。その規制委が関与を強めたところで、何ができるというのか?

大量の液体を漏らさず管理するのは難しい。だから、有害な排液などは濃縮減容、その上で可能なら固化して管理するのが基本。技術的には難しい事ではなく、蒸留などで分離して管理基準を下回る水を捨てればその分管理する量は減る。 (トリチウムを含む純水からトリチウムだけを蒸留で分離する事は不可能だけどさ、汚染水からトリチウムを含む純水を蒸留分離する事は可能)

実際にはひたすらタンクを増設して汚染水を溜め込み続け、案の定破綻した。事業者が望んでこんな馬鹿げた茶番を演じているわけではない。この事態に対し、規制委員会はこれまで何ら有効な行動をしていない。

誰も責任を取れないまま、誰が考えても不合理な「何もせず汚染水が増えるに任せる」という愚行がまかり通る。リスクを総合的に判断し、より高いリスクを避けるために地下水や処理水の放出を「命令」することこそが、規制当局に求められる役割ではないのかい?

文系・理系というくくりよりも、「高卒以上の学業を納めておきながら、その教養を全く生かしていない人」と「一応その教養が生かされている人」というくくりが正しいと思う。高校のカリキュラム(特に数学・科学に関して)に問題があるにせよ…

ほんとに、科学知識の無いマスコミというのは災厄の拡大装置でしかない。

普通、赤っ恥かいたら引っ込むもんだけど…何度も不見識を重ねる人達って…どうなのよ?事故そのものも(安全対策の多くは反原発を刺激する理由で先送りされてきた)含めて、今日のこの状況は放射脳が招いた事態とも言える事であって、バカどもも反省すべきことなのに、騒いでいるってどういうことなのよ?

定量化しよう。尺度があって数値を出すことができれば、いくつもの仮説の中から選び出すことができる。

東京五輪なんて望んじゃいないが(猪瀬さんの著書「東京の副知事になってみたら」を読んで、東京都が迎える極端な高齢化に備えた都市再開発というメリットは理解しているが)バカの騒ぎに利用され、その騒ぎが福島県で暮らす人達のデメリットになるなら、科学と論理を駆使して反論し、彼らを守ってあげるべきなのだろうな(´・ω・`)

東京の副知事になってみたら (小学館101新書)
小学館
猪瀬 直樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京の副知事になってみたら (小学館101新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



セメントの常識
セメント協会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セメントの常識 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブロックしているのは影響で、コントロールしているのは状況
安倍総理が世界のIOC委員(ちゃんと教育を受けたエリート)達に対して、「汚染水による影響は…完全にブロックされています。」と言って、信頼を勝ち得ています。 ...続きを見る
連れ込むな! 私は急に 泊まれない
2013/09/10 18:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
壇上にあがるまでのロビー活動費用だけで七億円弱かかってます

あと七年間で千三百億投入して競技会場の改築や新築の予算が組まれてます

( ̄ー ̄)

復興に使うお金



って解釈する方もいるけど日本全体の士気高揚の投資千三人百七億円なら良いと私は思います

(=^_^=)

けど‥2020年の建造物の維持費コストのツケは次世代ね

だって私たちは

いま

1964年東京オリンピックの老朽化が課題だもの

(∋_∈)
〜NORINKO〜
2013/09/08 10:23
復興に使うお金は大事だけど、だからといって老朽化してゆく東京都のインフラをメンテしなくて良い、東京都が直面する来るべき高齢化社会に備えなくて良いと言うことではないからね。(もともとの計画は、バリアフリー化等のインフラ整備をオリンピックのインフラ整備の際に行うものだった訳で、最初から震災復興の為に招致活動してたわけじゃない)
東京は1964に向けインフラを急造した。その更新とソフト面の整備に2020オリンピック招致という契機はいい。
原発事故と東京五輪を関連付けて期待できる点は「風評被害の克服」位で、技術的な大躍進が無い限り工程表通りに作業が進む以上の期待はあり得ない事がわからんのだろうか?
五輪があるからという理由で放射脳が騒ぐ意味のない問題(相対的にリスクが少ないのにゼロじゃないと喚くような問題)を強引にねじ伏せて強行し、前進する程度の期待はしてるけどね。
管理人 おっちゃんこ
2013/09/08 17:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
広告
東京五輪じゃなくても構わんが、福島県で暮らす人を傷つけるなよ 連れ込むな! 私は急に 泊まれない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる