連れ込むな! 私は急に 泊まれない

アクセスカウンタ

zoom RSS 分析は冷静に、交流は情熱的に

<<   作成日時 : 2012/01/31 21:55   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 1 / コメント 2

原発事故の風評被害もそうだが、民主党の体たらく、本来まともである政策(一応、あることにはあったのだよ)に対する国民のヒステリー、無知無教養を恥じる事無き日本国民。心底みっともない。

正直、原発事故の放射線に関する話は、前回6月の時点の記事で語り尽くしている。何も変わっていない。特に新しい発見があるわけでもない。
年間100mSvの放射線により1000人中500→505人に癌患者が増えるだけ
これに尽きるのである。

だが、未だに放射線パニックは収まらないようだ…
それもそのはず、マスコミは読者・視聴者を飽きさせない為に、わざわざ危機を毎度毎度煽っている。そして無知無教養な大衆が踊っている。そんなものに我々が一々付き合う必要はない。だから更新しなかった。

最近の話で言えば…

除染の限りなきエスカレート
一体どこまで除染すりゃ気が済むの?
そんな低レベルの被曝を防止するために、何兆ものお金をかけるぐらいなら、数十億の予算で該当地域の定期的な健康診断に回したほうが遥かにマシ。

福島の医療費を無料に?
冗談でしょ。被ばく検査と、被ばく量に応じたその後のガン検診なら無料にする価値あるけど、インフルエンザや骨折や…はたまた腰痛まで面倒見きれるか!ふざけるな!

確かに一定レベルを超える放射線は人体に恐ろしい影響をもたらすものだが、福島第一原発の事故を契機に放射能汚染についてさまざまな情報・知見が無審査のままマスメディア・専門家から流れ、無知無教養な国民の多くは恐怖で疑心暗鬼になっている。

事故前は「低レベルの放射線は人体に良い!」って言っていた教授が「いかなるレベルの放射線も許すまじ」と、無知無教養な民衆を煽って書籍を売りまくったり、「セシウムまみれの水田で米を作る行為はサリンを作ったオウム真理教と同じ」などとマトモな道徳心を持ち合わせない差別発言を繰り返し、自分の権利のみを主張し責任回避にやっきになる火山学専門の放射線とは関係のない教授(事故直後の拡散予測のみ火山灰の研究が生きただけ)。

前述のインチキ教授は別にして、後述の専門外の教授の戯言なんて無視が一番。
言論や学問の自由を犯さない訓告なんだから、変な反論するなよ… 自由な発言を行使した事に対する責任位取れよ…

だいたい、前述のインチキ教授は、明治の幼児用ミルク騒ぎの際だってトンデモない計算結果を示し大騒ぎしていた。離乳食用粉ミルクを一日一缶(850g)消費する計算でトンデモない値を出しておいて…(´・ω・`) そんな高濃度ミルク1年間与え続けたら赤ちゃん確実に死ぬって!

このBlogを読んできた人なら、すぐに一日の消費量から例の計算式を当てはめて(皆さん冷静に! 東京水道水の放射線についてで紹介)大体、通常の離乳食用ミルクの使用量400ml/dでCs137なら預託実効線量は、7.9716μSv とか、9月出荷12月回収の4ヶ月Cs134が30Bqで計算すると5.6μSvとか、影響のない数値が出てくるでしょう。

国会だって、欧州放射線リスク委員会(ECRR)という「単なる市民団体」が出した環境基準を元に、大騒ぎしている…アホか?

イオンさん、グリンピースにほめられて嬉しいですか?
流通最大手、イオンには、科学ベースの判断力も人の心もないのだろうか?

放射線リスクだけを下げることに尽力してもダメで、人の心や地域経済にも十分に配慮しなければならないことを、チェルノブイリ原発事故は明確に示している。
(国による補償が逆に個人の依存心を招き、地域の復興をさまたげたり、強制移住や生活の制限による精神的ダメージとそれによってタバコや酒に逃げ込んだ健康リスク等)

だからこそ、国際放射線防護委員会(ICRP)は事故直後などの「緊急時被ばく状況」と平常時の「計画被ばく状況」のほか、復旧期の「現存被ばく状況」という区分けをしている。

現存被ばく状況についてICRPは放射線リスクだけでなく、経済的、社会的、文化的な諸事情についても検討し、バランスのよい判断をするように求めている。

俺は一般に放射線の影響が実際以上に“怖れられすぎている”ことに疑問を感じるね。

むしろヒロシマ・ナガサキ、チェルノブイリやスリーマイル、更にはゴイアニアといった実際の被ばく状況や各種データを冷静に分析すれば、現在、WHOなどが提案する被ばく基準の緩和を考えたほうが良いのでは?

ゴイアニア被曝事故
1987年9月にブラジルのゴイアニア市で発生した原子力事故。

同市内にあった廃病院に放置されていた放射線療法用の医療機器から放射線源格納容器が盗難により持ち出され、その後廃品業者などの人手を通しているうちに格納容器が解体されてガンマ線源のセシウム137が露出。光る特性に興味を持った住人が接触した結果、合計250人が被曝し、そのうち4名が放射線障害で死亡した。

セシウム137と核種が一つに絞られる点である側面では非常に福島原発事故に近い。また避難基準が日本に比べ非常に緩く、ゴイアニアの基準を福島第一原発周辺に当てはめた場合、飯舘村の大半は非汚染地域に、原発構外に関してはほぼ全ての場所で妊婦などの制限をつけた低汚染住宅地ということになる。

これ程緩い制限をしたゴイアニア事故に関して、その後の住民の健康に一体どのような事が起こったのか研究することこそが、今後の福島の低線量被曝についての重要な知見になるであろう。

参考 ブラジル国ゴイアニア放射線治療研究所からのセシウム137盗難による放射線被ばく事故 (09-03-02-04)


事故直後は、まだ学術論文に基づいた対応を取ろうとしていた政府だったが、国民のヒステリーに屈したのか? どんどんトンデモない基準やら施策を取り始め…この国は一体どうなってしまうのだろう?と最近心配になる。

以前もコメントだったかに書いたが、放射線や原子力について学ぶなら2010年以前に発行された本を読むと良い。最近の書籍はノイジーだからね。

この書籍も、書いてある全てが正しい訳ではないが読んでおくべき本だと思うよ。(少なくとも、前述の日本の基地外教授の本よりは遥かにマシ)

放射能と理性 なぜ「100ミリシーベルト」なのか
徳間書店
ウェード・アリソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 放射能と理性 なぜ「100ミリシーベルト」なのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


他にもね…


世界の放射線被曝地調査 (ブルーバックス)
講談社
高田 純

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界の放射線被曝地調査 (ブルーバックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



核災害を調査する科学者・報道は、現地住民との信頼を保ち、災害のために強い不安を抱いている人々に正しい情報を提供することが大切だということです。 つまり分析は冷静に、交流は情熱的にあるべきです。

特にマスコミは真剣に反省すべきだと思う。


そして、今だに稼働しない日本各地の原子力発電所…
安全工学を無視したヘンチクリンな稼働時間規制(40年?)と、例外規定に対するクレーム… 設計上40年未満でも危険な原子炉もあれば60年だって平気な原子炉もあるだろうに…

そもそも、新しいタイプの原発の安全性を検証すること無く、安全性を高めたという言葉に過剰反応して、再稼働やリプレースを拒絶する狂信者…

こいつらは、キチンと原理やしくみを説明しても…「絶対大丈夫って言葉でしか語られていないので、非常に不安です。」と言ってくる… 要は、帰納法的な説明の実証部分を全く読まずに(理解できずに)、最後の 「よって〜は〜である。」しか読んでいないのだ…だから「よって原発は大丈夫」しかアタマに入っていない…こういう発言をする人間は、人の話を聞いていない馬鹿なので無視するに限る。一々説明したって、どうせ聞いていないのだから。

情報以前の知的作法 踊らされるな、自ら踊れ
講談社
西 きょうじ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 情報以前の知的作法 踊らされるな、自ら踊れ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



例えば昨日(1/30)
米エクセロンの原発が緊急停止、外部電力途絶で
こういう事件があった。

馬鹿共が、ベントしたと大騒ぎしているが…

この原子炉はPWR(加圧水型)。福島第一のBWR(沸騰水型)とは構造が違う。

PWR概略図
画像


BWR概略図
画像


だからベントしたと言っても、加圧水型原子炉の二次冷却水側からだから、原子炉内の圧を直接抜いた福島第一と一緒にしちゃだめだよ。

PWRの蒸気発生器の圧を抜いて水を足すだけで一次冷却系の健全性を保てるってのは大きなメリット。
日本は、北海道電力、関西電力、四国電力、九州電力、日本原子力発電が加圧水型。

つまり、なんでもかんでも原子炉の危険性や危険要素を一緒にして、規制やら何やらするのは間違っているという事。

まして福島第一は第2世代原子炉。本来はとっとと第3世代原子炉にリプレースすべき存在。

何が違うかと言えば、我々が注目すべきは「受動的安全システム」だろうね。

もちろん、こういった原子炉だから安全と決め付けるのではなく
(そもそも原子力に限らず絶対安全なんてものは妄想でこれからも存在しない。火力然り、水力然り)
事象の「確率×重大さ」=リスク
として、個々に検証し運転が妥当かどうか?
キチンと判断すべきでしょう。

個人的には第4世代の高温ガス炉に期待している。
つまり受動的安全システムではなく受動的安全炉冷却材が減速材を兼ねていて、冷却材損失によって原子炉の反応が止まるような設計。

減速材

原子力発電において核分裂後に放出される中性子の速度を下げる役割を果たすもの。
減速材は、原子炉において中性子と核燃料を効率よく反応させるために用いられる。
減速材に流体を用いる場合は、減速材と冷却材を共用出来る。



つまり…正確な例えじゃないが、減速材とは化学反応で例えると触媒みたいなもん。

だから冷却材が減速材を兼ねる、現在実験炉段階のHTTRに期待している。

現在、冷却材全損失状態で炉心を1600℃(炉心溶融温度)以下に安定させる実験中と聞いた。しかも冷却材兼減速材が不燃性で放射化しないヘリウム、漏れたって周辺環境に問題はない(高熱なので近くにいる人が火傷するかもしれないけど)。これならベントしても問題ない。

極論すれば炉心溶融しない原子炉。どこの国でもいいから開発に成功しておくれ!実用化しておくれ!それが俺の願い。

実は日本は、このHTTRの研究開発で世界をリードしていた。が・・・狂信者のせいで開発も止まっちゃいそうです。核燃料サイクルしない(ゆっくりじっくりできるだけ反応させる炉なので、使用後の核燃料はリサイクルに適さない)設計なので、原子力村と呼ばれる利権者からは冷たい目で見られている設計の炉なのです。つまり原発推進派からの支援が薄い話なので、ヒステリックな狂信者から反対されても守ってくれる存在が弱い訳。

ちなみに俺は別に単純な原発推進派じゃないよ。
電力需要と燃料価格や未だ実現性の乏しい自然エネルギー等の供給に応じて原発稼働が必要なら容認派。
廃炉してでもリプレースしたほうがメリットがある原子炉に関してはリプレース推進派。
電力需要が減るなんてあり得ないけど、減って火力の燃料価格が折り合うなら脱容認派。

CO2による地球温暖化なんて信じていないけど、エネルギーを輸入するしか無いなら、なるべく費用が安価で安定したものを活用すべきで、供給が不安定な化石燃料は極力減らすべきだと思っている。だから原発を容認するし、天然ガスなり石油なりの利用は極力減らしていくべきだと思っている。

電気は現状で足りる足りないと考えるのではなく、足らす方法を選択する問題。そこで原発を選択しないのであれば、例えば世の中が3割以上節電すれば現状でも原発を選択しなくて済むようになる。

つまり節電の議論なき脱原発なんてキレイ事で、それを発言する人間は信用ならない。という事。

俺は、それぞれの要因を考えると原発動かすしかないね。と思っている。
だから、仮に論理的に原子炉を止める話になるとしても、馬鹿に騒いでもらっちゃ困るの。
キチンと論理的に考えられる人達に、馬鹿の雑音をシャットダウンした状態で、キチンと考えてもらいたい。
現状、原子炉が止まっている最大の要素は、国民の心がメルトダウンしてヒステリー暴走状態になっているから。と断言できる。それじゃ困るんだよ。理性なき決断に未来を委ねる訳にはいかないだよ。(暴走している人にその自覚がないから困っている)

そして、今回の震災で原発事故も確かに重大だけど、津波被害を受けた三陸沿岸は未だ瓦礫の山であることを忘れてはならない。この瓦礫の処理(広域処理)をめぐって狂信者が騒いでいる… 要は「被災地の瓦礫は受け入れたくない」と鬼畜発言を恥ずかしげもなく言い放つ。

今の放射性物質と焼却をめぐる議論と、ダイオキシン問題をめぐる議論ってものすごく相似形なんですよね。
「見たわ―、この議論10年以上前に見たわ―」
って思う。マスコミには大騒ぎのテンプレートでもあるのかな?
あるんだろうなぁ…

昨年夏に陸前高田に行ってきたけど、そりゃ酷い状態ですよ。
何かしてあげないと!と思いますよ。普通の心を持っていたらね。

IMG_0130

IMG_0132


今月は友人が行ってきたけど、何も変わっていないって…

被災地は、是非とも一度訪れることをオススメする。見ておくべき。
別にボランティアで作業しない、単なる視察でも構わない。
実際に現地で見て感じると、考え方が全然違ってくるからね。

特に福島の場合、都民なら都から補助金まで出る(・∀・)
2012年度の「被災地応援ツアー」では、福島での宿泊旅行および日帰り旅行を対象にする。宿泊旅行の場合は1回の旅行につき2泊まで、1泊につき1人3000円を助成する(2万泊分)。日帰り旅行の場合は1回につき1人1500円を助成する(1万5000人分)。都内在住、在勤、在学者であれば、年齢制限なしに助成を受けることができる。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120116/296375/

小学生以上のお子さんを持つ親なら、子供をディズニーランドに連れて行くより、遥かに意味の有ることでしょう。岩手県の三陸沿岸であれば、福島原発からの距離も遠く(福島原発ー東京よりも遠い)放射線の心配も全く必要ありませんし。(都の補助金はどうなるか知らないけど…)

瓦礫の受け入れ拒否に風評被害をあげるのは、自分達が風評加害者である事を認める事に他ならない。

恐怖心を知識と教養で抑え、危険を定量して前に進む。
それが人類の叡智って奴で、許容できる不利益を負うのが人の優しさって奴じゃないのかい?
不利益を見極めろよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ホワイトデー3倍返し?ありえん!
よくホワイトデーは3倍返し なんて偉そうな事言っている女子がいるが… ...続きを見る
おっチャン寝る
2012/02/16 22:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
瓦礫の受け入れは不利益にもリスクにすらなりませんけどね。

神奈川県の瓦礫受け入れ説明会を乗っ取った反社会的反原発自称市民団体ほど酷いものはない。
ぽんたぬこ
2012/02/11 18:08
正確に言えば、地域のごみ処理能力を圧迫する点では不利益はあるんだけど、その位背負いましょうや!

自称市民団体が説明会を乗っ取り、マスコミが加速させる…そういう情報操作が原発問題に限らずアチコチで見受けられますな(´・ω・`)

市民が賢ければ問題ないのですが…orz
管理人 おっちゃんこ
2012/02/15 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
広告
分析は冷静に、交流は情熱的に 連れ込むな! 私は急に 泊まれない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる